2008年09月27日

チャットテク(3)喜怒哀楽

チャット中は、普段の3倍増しぐらいで喜怒哀楽を表現するようにすると良いでしょう。
喜ぶときは、飛び上がって画面からフレームアウトしてしまうぐらい、怒るときは、腰に両手をあてて、ほっぺを5歳の女の子のように大きく膨らます、哀しむときは、たとえ涙はでなくとも、手を目に当てる・・・・
慣れないうちは疲れてしまいますが、チャットカメラの前にいる間、基本的に貴方は舞台女優なのだと思ってください。
posted by face at 07:08| オススメなところ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。